3年前の話です。以前勤めていた会社が突然の倒産。当時は貯金もせずに遊び歩いていたため、一気に生活苦に。

わずかな貯金を切り崩しながら付き合っていた彼女と同棲していましたが、半年ほどで底をつきました。

社長の勧めで取引先の会社への再就職は決まっていましたが、社員の枠の関係で「待て」を食らってしまい、正式に雇用して貰えることになったのは1年以上あと。

その間バイト等で繋ごうと思っていましたが、就職決まるまで彼女が面倒見てくれるとの甘い声についつい乗ってしまいました。

彼女は派遣社員で決していい給料ではありませんが、その間贅沢もせず、何一つ文句も言わずに一文無しの僕を支えてくれた上、恥ずかしい話ですがお小遣いまでもらっていました(笑)

貯金が底をついてからの半年は非常に堕落したものになってしまいましたが、それでもなお支えてくれる彼女を見て感動し、就職が決まった時は「今度は俺が養ってやる!」と燃えましたね。

今もその会社で勤続していますが、正直なところ決していい給料ではありません。

ですがあのときの二の舞になるものか!と必死に仕事に励んで、以前の自分では考えられない額の貯金もできました。

まだ足りないですが、彼女には内緒の結婚資金のつもりで貯めているので、いつか突然のプロポーズで「借金の返済」をしたいと考えています(笑)