我が家の子供たちは、近所の先生にピアノを習っていて、いつもお月謝は子供たち自身に持たせています。

普段なら、月初めにきちんと用意していたのですが、たまたま夫が初めての海外出張になり、その準備でバタバタしていたので、すっかり用意を忘れていました。

出張とは言っても、少し期間が長かったこと、初めての海外になることで、意外に準備するものが多くて、月が変わることそのものが、頭から抜けていたようです。

普段とは全く違うことをすると、いつもなら何の問題もなく出来ていることまで、出来なくなるものですね。

お月謝を用意するのを忘れていたことに気付いたのは、子供たちが揃って「お月謝のこと、お母さんに聞いてみてくれる?って先生が言ってた」と言いにきたときです。

慌てて銀行に駆け込みましたが、出張準備でこまごました物を買いそろえる必要があったので、かなりの額を引き出してしまっていました。二人分のお月謝には、到底足りません。

夫はしばらく海外ですし、お給料が入るのはまだ先。仕方なく、もう使うこともないと思っていた、レイクのキャッシングカードを使うことにしました。

独身時代に作ったものですが、捨てずに持っておいて助かりました。お給料が入って、真っ先に返済をしに行ったのは、言うまでもありません。