当時付き合っていた彼と一緒に暮らす話が持ち上がった時、私は嬉しくてすっかり舞い上がってしまいました。

引越し費用は折半で、ということだったのですが、二人で暮らせるそれなりの大きさで二人の希望それぞれをかなえる物件にかかる初期費用は結構な額となってしまったのでした。

今更、お金がないから同棲はできない、とも言えず困った私は消費者金融でお金を借りることにしたのです。

消費者金融などのCMを見るたびに親などからは、こんな明るく手軽そうなCMしたりしてるけど、金貸しは金貸し、絶対に手を出さないように、と言われていたので自分とは無縁の世界だと思っていたのですが...。

実は同棲話が持ち上がる少し前、消費者金融会社のコールセンターでちょっとバイトをしていた私。

日中早く帰宅出来ること重視で派遣会社に登録したところ、紹介されたのが消費者金融会社のコールセンターだったのです。

それまでは、消費者金融といえばドラマなどで見る闇金の取立てなどのイメージしかなかった私なのですが、銀行系で服装などにもうるさい結構お堅い職場だという派遣会社の説明に、それなら大丈夫かと仕事をすることにしたのでした。

何より、時給もよく帰宅も普通のOLより断然早かったので。

そこで研修を受け、実際に業務に取り掛かってみると、顧客(借りてる人)はいたって普通の人だし、その顧客の対応をするのは、こわーい取り立てのお兄さんとかではなく、私達普通の女性であること。

また銀行系なので結構、職場が厳しく真面目な雰囲気だったため、私の中で消費者金融のイメージや敷居が一気に下がったのでした。

そんなせいもあり、何だか手軽な気持ちがして、お金に困っているし、業務でいろいろ知識もついたし、などと思いあっさりと借り入れをしてしまったのでした。

しかし、実際は返済期限をうっかり過ぎようものなら、職場や実家などにいかにも分けあり、みたいな電話がかかってきたり。

返しても返しても、利子ばかり膨らんで元金が減らないなどなどを実体験し、何とか返し終わったころには、もう二度と借りないと誓って、カードにはさみを入れたのでした。